HP「Seeking His face...(主の御顔を慕い求めて)」へ/


Rejoice always,pray without ceasing,
in everything give thanks;
for this is the will of God in Christ Jesus for you.


気が付いたら先生の愛唱歌を讃美して・・・


聖歌590番 すくい主イエスとともに

ここ1、2週間の間、色々なことが起こり移り変わりの時が来ています。とくに今週は決断することが難しいことがあり、毎朝の祈り、通勤の行き帰りの電車の中でも、会社に向かう時も、寝る前も祈り、ひょっとしたら夢の中でも讃美をしているみたい。。

すくい主イエスと ともにゆくみは

とぼしきことなく おそれもあらじ

エスはやすきもて こころたらわせ

ものごとすべてを よきになしたもう

ものごとすべてを よきになしたもう

 

さかみちに つよきみてをさしのべ

こころみのときは めぐみをたもう

よわきわがたまの かわくおりしも

めのまえのいわは さけてみずわく

めのまえのいわは さけてみずわく

 

いかにみちみてる めぐみなるかや

やくそくしませる いえにかえらば

わがたまはうたわん ちからのかぎり

きみにまもられて きょうまできぬと

きみにまもられて きょうまできぬと

 この聖歌と「ああイエスきみ こよなき友よ」他が、絶え間なく私の霊が歌っているような感じなのです。何故?と思っていて、気が付きました。これらの歌は先日亡くなった鬼頭先生の愛唱歌だったと。告別式に6曲位歌った中の2曲だと。。

私は自分の人生の舵取りをイエス様に完全にお任せしました。6月に牧師先生から、私は自分で色々考えてやり過ぎると言われてからです。先生の御指導は的確でした。その後、断・捨・離をして部屋が片付いた後、やっと今の仕事が見つかったからです。

明日、明後日、どうなるか気がかりなことがあります。でも、心静かに祈って主の答えを待つことにします。。。

↓ランキングに参加しています。皆様のクリックが書く励みになります。どうぞよろしくお願いします。 

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

礼拝の独唱:聖歌199番「かがやくすがたは」を歌いました。難曲だった・・・。


"Glorious Things of Thee Are Spoken"

昨日は聖歌199番「かがやくすがたは」を独唱させていただきました。何故か新年が明けた1月にいつも歌っているみたいで、今年もすんなりこの曲に決まりました。YouTubeは英語版で「Glorious Things of Thee Are Spoken」という題名です。^^

 オリジナルは5番まであるのですね。本当は10数年前に鬼頭先生に初めて良かったと褒められた「いちど死にしわれをも」にしようかと思ったのですが、思い出の曲なので、先生を思い出してうるうるしてしまうので、当分歌えないかも知れません。^^;

しかし「かがやくすがたは」は意外と難しい曲だということを前日の土曜日に気が付きました。いつも1音キーを上げていますが、それでも歌いずらいのです。声楽レッスンは行けないので、自分一人で準備をするのは本当に難しかったです。

当日の朝音合わせをしましたが、まだまだ不十分な感じだったので、一人で残って自主練習をしていました。そんな私の不安を知ってか知らずか、T姉が「今日歌うの?お祈りしているから。」と声をかけてくれました。神様はご存知ですよね。^^

お祈りされているというのは、本当に心強いものなんですよね。お祈りに支えられて何とか無事に独唱の奉仕を無事全うすることが出来ました。5月9日は歌の発表会だと年賀状に書いてありました。^^;あぁ早く声楽レッスンが再開出来ると良いな、、。

 

↓ランキングに参加しています。皆様のクリックが書く励みになります。どうぞよろしくお願いします。 

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

先生、天国でお会いしましょう^^

f:id:veilchen23:20200111221627j:plain

1982年から17、8年間発行されていた教会ニュース22冊を取りだし、懐かしい写真をパラパラめくり鬼頭先生の写真を何枚かスマホで撮りFBフレンドに公開しました。この写真は1998年の聖歌隊20周年コンサートの写真です。

この頃は聖歌隊が60人もいたなんて本当に驚きです。当時はまだ若い人達が沢山いましたが、最近は子供聖歌隊から大人の聖歌隊には来ないで、クラシックよりもワーシップソングのクワイアに流れているので減る一方です。^^;

私が声楽の個人レッスンを受けるようになったのは、20周年コンサートがきっかけでした。モーツァルトの「戴冠ミサ曲」のソプラノソロをheidiさんが歌うという噂を真に受け、I先生の所に慌てて駆け込んだのがきっかけです。^^;

教会には其々のソロパートを歌える先生方が揃っていたので、冷静に考えれば噂が可笑しいと思う筈ですが。^^;音楽の授業は中学迄でしたので、20代で聖歌隊に入り、声楽の個人レッスン~音大に行くとは予想もしないことでした。

          * * * * * * * * * * *

告別式で無事讃美リードをさせて頂きました。讃美する時心は神様に向けているのですが、この時ばかりは『鬼頭先生、聴いて下さっているかな』『先生、私ちゃんと教えて頂いたように発声出来ていますか?』などと心の中で思っていました。

長年の間に先生とのエピソードは色々あるのですが、一番嬉しく印象に残っているのは先生に初めて褒められたことでした。それで、過去日記を調べていた所、2006年10月15日だとわかりました。翌週の日記に書かれていました。下記に抜粋します。

いつも牧師先生や兄弟姉妹から良かったと言っていただくのは、とても大きな励みになり嬉しいことですが、10人の評価よりもプロのK先生のコメントがやはり気になります。以前も、言葉をもうちょっとハッキリ発音した方が良いとか、(大勢の前で独唱するのは)慣れてきたわねとか、色々コメントを頂くことはありました。

15日歌い終えて席に戻ると、先生から「良かったわよ。」と言われました。それはとても嬉しく、いつものように私の声楽の先生に報告のメールをした際に、K先生に良かったと言われたことを伝えると、I先生も喜んで下さりメールは顔文字でバンザイマークがついていました。(笑)

昨日K先生とお話をしていた時、先週の歌は良かったと改めて言って下さいました。先生はその人の為を思いむやみにほめたりしないそうです。「こんなことを言ったら失礼かも知れないけれど」と前置きした後、「初めて良かったと思ったわ。」と言って下さいました。難しい歌だっただけに、先生のコメントには本当に嬉しくなりました。

告別式の讃美リードでは持ちこたえましたが、3人の弔辞に共感しうるうるしてしまいました。告別式の前日の夜も告別式の夜も、ベッドの中で祈っていた時、浮かんで来るのは鬼頭先生が天国に行かれてニコニコしている顏ばかりで嬉しくなりました。

祈りの中で涙がこぼれたのは、主が祈りに答えて下さって、教会や聖歌隊を離れていたI君が告別式に出席出来たからでした。人間的には寂しいですが、いずれは天国で再会出来る日を楽しみに、信仰はもちろん歌に関しても日々精進して行きたいと思います。

 

↓ランキングに参加しています。皆様のクリックが書く励みになります。どうぞよろしくお願いします。 

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

明日の告別式に讃美リードを

これは、私が二十代からずっとご指導頂いた、鬼頭礼子先生手作りの聖歌隊発声練習テキストの一部です。先生はウィーンに長く留学されていたので、発声はドイツ式と言えるかも知れません。私達は、先生がいらっしゃらなかった間も、ずっとこのドイツ語の言葉で発声していました。

f:id:veilchen23:20200109215543j:plain

上の2)について補足します。ド・レ・ド・レ・ドから半音ずつ上がって各調でとなっていて、実際はN・Ng・N・Ng・Nと発声しますが、この時ンガンガという言葉になってしまわないように鼻腔に響かせる必要があります。

f:id:veilchen23:20200109215555j:plain

先生からは、聖歌隊は讃美をしている時に涙を流さないようにと言われてきました。自分の席でワーシップソングを歌って感極まりうるうるはありますが、講壇で皆の前で歌う場合は駄目ですね。

明日はお世話になった鬼頭先生の告別式なので、会社を午前中で切り上げて教会に行きます。ソプラノの讃美リードをさせて頂きますが、泣かないように心を込めてしっかり歌ってきます。。

 

↓ランキングに参加しています。皆様のクリックが書く励みになります。どうぞよろしくお願いします。 

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

聖歌隊の恩師が主の元に・・・

教会の聖歌隊を作り、ずっと聖歌隊の御指導をして下さっていた鬼頭礼子先生が今朝亡くなられました。先生は国立音大の初代ケルビーノ(『フィガロの結婚』の少年の役)で、私の歌の先生が音大生だった頃、先生はプリマで雲の上の存在だったとのこと。

とても気さくで優しい少女のような先生でした。私達聖歌隊は、先生の輝かしい経歴を何も知りませんでした。^^;ウィーンに7年留学し、玉川大学で定年まで教鞭を取られました。最初に救われた先生が同僚の音楽の先生や教え子を次々救いに導かれました。

子供聖歌隊を作り当時はその指導もされていました。救われた音楽の先生方が、バイオリン教室、ピアノ教室を始められ、小さな子供達が音大に進みプロになった人達も多いです。そういう流れで管弦楽団も出来、特別に音楽が盛んな教会になったのです。

私は25歳の時に聖歌隊に入り、クラシックの呼吸法の基本から教えて頂きました。先生は何年か前から市内の或る施設に入られていました。6月に姉妹方と訪問し一緒に讃美を歌った時は、以前のシャキッとした先生に戻り、楽しい時間を過ごしました。

11月に妹さんの付き添いで車いすで礼拝にいらっしゃり、私は聖歌隊が歌う直前に気が付き、講壇から手を振ると、先生がニコニコしながら手を振られました。。それが最後になってしまいました。寂しくなりますが、先生はイエス様の所に行かれたので幸せだと思っています。

www.kunitachi.ac.jp

 

↓ランキングに参加しています。皆様のクリックが書く励みになります。どうぞよろしくお願いします。 

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

今年の御言葉のお年玉

f:id:veilchen23:20200105203443j:plain

今日は新年礼拝で「御言葉のお年玉」を頂くので、数日前から楽しみにしていました。昨年の『心をつくし、精神をつくし、思いをつくして、主なるあなたの神を愛せよ(マタイ22:37)』を頂いた時は、大変な一年になりそうだと感じちょっと緊張しました。^^;

そして、実際色々な意味で大変な年でしたが、神様との絆は強くなったと思っています。とは言え、やっぱりもう自分の事で泣きたくないと思いました。^^;友達も毎年楽しみにしているので、それぞれにピッタリの御言葉が頂けるようにと祈りました。

好きな封書を選べるのですが、「7」と言う数字が浮かんだので、お導きかも知れないと7番目を引きました。そして、上の写真の御言葉を頂きました。短いので、その前の2節を加えた御言葉は下記の通りです。本当に大きな力と励ましを頂きました。

この神こそ、その道は完全であり、主の言葉は真実です。主はすべて寄り頼む者の盾です。主のほかに、だれが神でしょうか。われらの神のほかに、だれが岩でしょうか。神はわたしに力を帯びさせ、わたしの道を安全にされました。(詩篇18:30-32)

 口語訳は分かりにくいことが多いので、個人的な好みで英語版も載せておくことにします。下記はNew King James Versionです。

As for God, His way is perfect;The word of the Lord is proven;He is a shield to all who trust in Him. For who is God, except the Lord?And who is a rock, except our God?It is God who arms me with strength,And makes my way perfect. (NKJV)

 下記は好んで良く読んだり聴いたりしているNew International Versionです。

As for God, his way is perfect:The Lord’s word is flawless;he shields all who take refuge in him.For who is God besides the Lord?And who is the Rock except our God?It is God who arms me with strength and keeps my way secure.(NIV)

封書を開けて御言葉を読んだ時、私の道は(やっと)安全になるんだと嬉しくなりました。ただ、昨年の御言葉はイエス様の「第一のいましめ」でしたので、それは引き続き心に刻み、私の我ではなく主の御心だけがなるように祈り歩んで行こうと思います。

 

↓ランキングに参加しています。皆様のクリックが書く励みになります。どうぞよろしくお願いします。 

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

筑波から:これが生の茨城弁です(駄)

昨日幼なじみと筑波山⛰に行って来た。876メートルの低い山が何故か人気みたいで、車の渋滞で結局Uターンして来ました。😅

年末に、チラッと(10分くらい)「ひよっこ」という、茨城が舞台のドラマを観ました。でも、俳優達の人工的な?作られた茨城弁が気になって、ドラマの内容が全然頭に入って来ませんでした。^^;

ドラマで気になったのが、茨城なのにズーズーが混じっていたことです。私は心の中で「茨城弁はイントネーションは変だけど、ズーズー弁じゃないよ?!インチキじゃないの?」と思いました。 ^^;

帰省途中、姉の車の中でこの話をしたら、北茨城が舞台だということでした。実家からは、富士山、日光、筑波山がぐるりと見渡すことが出来、姉はそれが自慢で今の生活が幸せだと言っていました。^^

2日に幼なじみのK子と会い、久しぶりに筑波山に行くことにしました。でも、何時から人気になったのか車の渋滞でなかなか先に進めず、取りあえず筑波山が見れたのでUターンして昼食にしました。

インスタグラムで筑波山を動画で撮りました。許可をもらったので、K子の音声入りです。(笑)私はMC風で、普段の会話調ではありません。あ(@_@)、強烈なK子につられて、私も訛っている?^^;

北茨城が舞台のドラマは、東北に近いので言葉の影響を受けているのではないかという(私達の)結論です。ちなみに、芸人の「かみなり」は南東部出身私達は南西部で千葉寄りなので、ズーズー弁は入っていません。

私はお笑い好きですが、茨城出身の「かみなり」と栃木弁(茨城弁とほぼ同じじゃない?)の「U字工事」は、方言のニュアンスが分かるので、漫才の内容より言葉だけでウケます。^^

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

↓ランキングに参加しています。皆様のクリックが書く励みになります。どうぞよろしくお願いします。 

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村