HP「Seeking His face...(主の御顔を慕い求めて)」へ/


Rejoice always,pray without ceasing,
in everything give thanks;
for this is the will of God in Christ Jesus for you.


礼拝の独唱:聖歌476番「やすけさは川のごとく」を歌いました~大きな励まし

www.youtube.com

今日は「やすけさは川のごとく」を独唱させていただきました。サンディ・パティのこのCD「Hymns just for you」は30年以上前の物です。当時はウォークマンで良く聴いていて、辛かった日々を過ごしていましたが、彼女の歌で本当に慰められました。

やすけさはかわのごとく こころひたすとき

かなしみはなみのごとく わがむねみたすとき

*繰り返し

すべてやすし みかみともにませば

 

あしきものせまりくとも こころみありとも

みこイエスのちのいさおし ただたのむわがみは

 

みよわがつみはじゅうじかに くぎづけられたり

このやすきこのよろこび たれもそこないえじ

 

よしあめつちくずれさり ラッパのねとともに

みこイエスあらわるるとも などておそるべしや

サンディ・パティはずいぶんキーを下げて歌っていますが、オリジナルはもっと高いです。^^;この曲は1、2週間前から導かれていた曲でしたが、実際取り掛かったのは昨日です。今回も経済的な事情で、先生の所には行かずに自力で準備をしました。

いつものように、「ただ主だけを見上げて心からの讃美を捧げることが出来るように。そして一人ひとりの心にメッセージが伝わるように。」と祈りました。後は、歌う上での技術的な足りない所も助けて頂けるようにと、こと細かく祈っています。

歌い終わって席に戻った時、何故か手が少し震えていました。^^;着替える為に中庭を通った時、献身者のA兄に「とても良かったですよ。心に響いて来ました。」と声をかけていただきました。「聖霊で(満たされて)歌われたのですね。」と。

自力で準備したので、正直ホッとしました。お昼には、牧師先生から「今日の歌はとても良かったですね。^^」と嬉しい言葉を頂きました。又、H姉(子供聖歌隊の指導者)からも「声量もあるし、どんどん上手くなっていますね。」と言われました。

聖歌隊の練習が終わって、クリスマスに向けての新曲のソロの部分を、各パートのソロの人達が居残りでN先生の御指導を受けました。その後帰宅途中にA姉にバッタリ会い、「あの曲はあなたに合っていて本当に素晴らしかった。」と言われました。

これほど反響があったのはとても嬉しかったのですが、私としては本当に意外でした。A姉は私の歌を聴いて、今日は歌の先生の所に行って来たと思ったと。これには驚きました。私はまだまだ技術的には足りない所がたくさんあるからです。

主が私の祈りに答えて下さり、足りない所も細やかに助けて頂いたからだと思います。自力で準備したことで心配はありましたが、色々な人から声をかけて頂き、大きな励ましを受け感激しました。もっと精進し、素晴らしい讃美を捧げられますように。

 

↓ランキングに参加しています。皆様のクリックが書く励みになります。どうぞよろしくお願いします。 

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村 

音大の先生を囲んだ女子会~それぞれの近況報告

先日夜、大学でソルフェージュやピアノを御指導頂いたS先生を囲んで社会人のクラスメート達と新宿で女子会(ミドル・シニアですが(笑))をしました。この集まりはHARUMI会(←先生の名前)と言います。😄

全部で12名集まりました。私はオレンジジュースや赤ワインのスパーリングみたいなのを少しだけでしたが、私以外の殆どの人達は酒豪です。😅全員と話をするのは難しかったのですが、一人ずつ近況報告をしました。

企業OLのままだったら出会うこともなかった人達です。コンサートを主催・参加する人、又元々シャンソン歌手の人はシャンソンのリサイタルの予定があるようです。殆ど日曜日なので、どれにも参加出来ないのですが・・。

私はというと、在学中も今も変わらず聖歌隊と礼拝の独唱が中心です。ここの所経済的な理由で地元の歌の先生のレッスンが受けられず、独唱の時は自力で準備をしています。大変ではありますが、それも良い経験になっています。

普段の聖歌隊は、今はN先生(元オペラ歌手)がご指導をして下さっていますが、月一でいらっしゃるオーケストラの指揮M先生の奥様がオペラ歌手なので、聖歌隊員の発声等を個人レッスンして下さるので助かっています。

音大に行ったことで、或るビジョンが与えられましたが、「御心ならば道を開いて下さい。御心でないならば道を閉ざして下さい。」と祈っている最中です。今の職場には本当に色々な人達がいて、社会勉強をさせて頂いている感じです。多様性を受け入れることが、将来のビジョンへの大事なプロセスのような気がしてなりません。

あなたの道を主にゆだねよ。主に信頼せよ。主が成し遂げてくださる。

詩編37:5新改訳)

Commit your way to the Lord,Trust also in Him,And He shall bring it to pass. (NKJ)

下は今聖歌隊がクリスマスに向けて練習している曲です。K258の他の曲は既に歌えるのですが、Credoは新曲です。特にテンポが速いので、ラテン語が早口言葉のようでなかなか上手く行きません。ソロの部分はY子ちゃんと私が担当なのでちょっと大変ですが頑張ります。😄

www.youtube.com

 

↓ランキングに参加しています。皆様のクリックが書く励みになります。どうぞよろしくお願いします。 

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村 

 

はちこさんこと中村佐知さんの本「『隣に座って』スキルス胃ガンと戦った娘との11か月」が出版されます

私の最も古いネットフレンド、はちこさんの次女みんちゃんの闘病記「『隣に座って』スキルス胃ガンと戦った娘との11か月」が10月に発売されます。みんちゃんとは幼い頃に2回会ったことがありますので、彼女の死やはちこさんの心情を考えるといまだに切ない気持です・・。

私も、元自動車学校の教官で優秀なドライバーだった父が初めての交通事故(=完全に相手の過失)で即死した辛い体験があります。納得出来ない「死」について受け入れるには時間がかかりました。結論としては、神様のお赦しがなければ何も起こらない、命は神の範囲だと受け入れました。

父は60代後半でしたが、みんちゃんはまだ20歳でした。当時私はスキルス胃ガンだと聞いて、はちこさんのブログやFBで闘病の詳細から、早天祈祷会でずっと祈っていました。でも、一年足らずで天国に帰ってしまったみんちゃん・・・。辛いけど本を読んでみようと思います。神様の何らかの答えがわかるかも知りません。

はちこさんのブログと出版記念講演会の詳細リンクをはりましたので、ご興味のある方はご覧ください。

rhythmsofgrace.blog.jp

docs.google.com

 

↓ランキングに参加しています。皆様のクリックが書く励みになります。どうぞよろしくお願いします。 

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村 

昨日は聖餐式~diversityがキーワード

f:id:veilchen23:20190901111313j:plain

昨日は第一聖日でしたので聖餐式がありました。上の写真は(種を入れない)パンとぶどう酒です。少量のぶどう酒ですが、苦手な人や(たぶん)未成年にはぶどうジュースが配られています。(余談ですが、何十年も前はパンは2倍以上大きく、ぶどう酒の量も今より多かったです。^^)

 わたしは天から下ってきた生きたパンである。それを食べる者は、いつまでも生きるであろう。わたしが与えるパンは、世の命のために与えるわたしの肉である」。そこで、ユダヤ人らが互に論じて言った、「この人はどうして、自分の肉をわたしたちに与えて食べさせることができようか」。
エスは彼らに言われた、「よくよく言っておく。人の子の肉を食べず、また、その血を飲まなければ、あなたがたの内に命はない。わたしの肉を食べ、わたしの血を飲む者には、永遠の命があり、わたしはその人を終りの日によみがえらせるであろう。わたしの肉はまことの食物、わたしの血はまことの飲み物である。わたしの肉を食べ、わたしの血を飲む者はわたしにおり、わたしもまたその人におる。

(ヨハネ6:51-56)

現在の派遣の仕事は一ヶ月毎の契約更新と認識していましたが、中旬から始まったので月末に合わせたのか、次回の契約は10月末までになりました。今の私にとっては、仕事が与えられているということだけで本当に感謝です。

今の仕事は、これまでに経験したことのない誰でも出来るシンプルな仕事で、時間給が極端に低くストレスフリーな仕事です。ただ、生活の安定の為には、ストレス増にはなりますが、もう少し条件の良い仕事が必要です。^^;

当初は、一日も早くこれまでの経験が生かせる仕事に移りたいと思っていました。でも、やっと与えられた仕事ですので、感謝しかなく主の御計画に委ねています。又、何故ここに送られたのかもだんだん分かって来ました。

以前の会社にいたら縁のないような、広い意味で弱い人達やシニアが多いのです。神様はそのような環境と人を通し、視野の狭い私に社会勉強をさせ、全ての人に寄り添えるようになることを望んでおられるのかも知れません。

多様性を知り受け入れることが求められていると感じています。なので、今の職場を卒業出来るのは、私の成長次第かも知れません。^^;祈りつつ、神様の御心だけを切に求めて、御霊によって歩んで行こうと思っています。^^

↓ランキングに参加しています。皆様のクリックが書く励みになります。どうぞよろしくお願いします。 

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村 

お祈りをするインコ

日々の忙しさからなかなか更新が出来ないのですが^^;、下記の御言葉もあることですし、22年前に立ち上げたHPの目的が証をすることでしたので、20代の頃のかなり古い懐かしい証を載せることにしました。^^

わがたましいよ。主をほめたたえよ。

主の良くしてくださったことを何一つ忘れるな。

詩編103:2新改訳)

===========================================================

ミミちゃん

 (神様から名前を付けて頂いたセキセイインコは、教えないのに
何時の間にかお祈りをするようになっていました。)

これは、以前教会でも証しをしたことがあるのですが、原稿を紛失してしまった為あらためてここに書くことにします。ミミちゃんというのは、私が4、5年くらい飼っていたセキセイインコのことです。たかがインコと思われがちですが、神様はこんな小さな鳥を通しても色々なことを学ばせて下さいますから感謝です。

私の田舎はたくさんセキセイインコがいて、庭先に専用の小屋があります。ミミちゃんの前にも、家から二羽もらって飼っていたことがあるのですが、一羽は病気で三日後に死にもう一羽は窓から外に飛んで行ってしまいました。一度ペットのいる生活に慣れてしまうと、一人の生活にはなかなか戻れないものです。それで、今度の鳥には「元気」で「おしゃべり好き」の鳥になってもらおうと思いました。逃げていっても、名前と電話番号が言えれば、戻ってくる可能性があるからです。言葉を覚えさせる為には、「生後三週間以内」「オス」という条件がそろっていなければなりません。でも、鼻の頭が青くなって初めてオスだとわかるのは、それよりもずっと後になってからなので、選ぶときは全く勘に頼るしかありません。

「何でも」お祈りをするようにとのことでしたので、 「イエス様、今度飼うインコの名前は何にしたら良いでしょうか?」と尋ねました。 すぐには答えが来ませんでしたが、会社の帰りの電車の中でボーっとしていた時に、 急に「名前はミミちゃん」と心に響いてきました。「え?何、今の。」と思いました。 私は、自分ではパールちゃんがいいと密かに思っていたのです。 インコに詳しいO姉妹に「ねえ、私はパールにしたかったんだけど、 名前はミミちゃんですって。」と言ったところ、「あら、heidi、オスのインコを買うのにメスの名前をつけちゃうの?」と彼女。「うん、良くわからないんだけど、名前はミミちゃんだって。」と私は答えました。

それから、毎週鳥が入荷されるたびに、デパートに出かけて行きました。後輩の同僚からは、「Sさん、ミミちゃんはもう買えたんですか?」とさんざんからかわれました。ある日、新しいインコがたくさん入荷した時に、一番元気に餌を食べていたインコに目が留まりました。何羽もいる中で性別もわからない状態で、「これがミミちゃんだ」とつかみあげました。お店の人も、「これは、オスっぽいですよ。」と言っていました。私達の勘はあたりました。

ミミちゃんは、私がとても悲しい思いをしていた時に、 イエス様から与えられた慰めだったと思います。ミミちゃんは元気に育ってくれました。 クリスチャンの姉妹方が、子供のために朝晩そうしているように、ミミちゃんの為にお祈りをしていました。 特に言葉を教えたわけではありませんが、年中話しかけたりしていたので、 いつの間にか言葉を喋るようになっていました。「heidiおねえちゃん」「大好きよ」「いってきます」「ただいま」「おはようございます」「おやすみなさい」「おりこうさんでいてね」等。もっとも驚いたことは、私のお祈りを完全にコピーしたことです。真ん中は変えているので、最初と最後の言い回しは、イントネーション、息継ぎ、ちょっと訛ってるのも、そっくりでした。「ハレルヤイエス様、感謝致します。今日も元気でミミちゃんが守られますように........イエス様の御名によって感謝してお祈り致します。アーメン。」と。鳥の気分によるのでしょうか、アーメンを何度も繰り返すこともありました。うっかりお祈りを忘れた時も、先にお祈りを始められてしまって、こっちが慌ててお祈りを始めたり、揃っちゃったりして、、、、。おかしかったです。

「空の鳥を見なさい」とありますが、鳥は不平不満も言わず一日中神様を讃美をしています。しかもうちの鳥は、セルフサービスで「お祈り」までしています。私もそうあるべきだと思いました。又、会社の帰りに通っていた英語の学校で、かなりレベルの高い人達の中で落ち込んでいったことがあります。同じレベルのクラスのはずなのに、帰国子女がまじっていたのです。私は何て出来ないんだろうと思いました。そんなときにふとミミちゃんのことを思い出して、「そうだ、真似をすればいいんだ。それに、帰国子女が話せるのは当たり前じゃないか。」と思いました。そう言えば、M先生(同時通訳でもの凄く有名な先生)も、「(上達するためには)ただネイティブの言っていることを真似していればいいんですよ。」と私達を励まして下さったことがあります。

しばらくしたある日、「ミミちゃん」の名前はいったい何処から来たのだろう、何か特別な意味があるのだろうかと不思議に思いました。それで、英語の辞書をパラパラとめくってみたら、「MIMIC」と言う言葉に目が留まりました。恥ずかしい話ですが、そんな単語は知りませんでした。意味を見てビックリしました。「物まねのうまい」とか「物まね師」という意味でした。「ミミ」は「MIMIC」から来ていたのです。やっぱりあの時、「名前はミミちゃん」というのは上から来たんだなと思い、改めて感謝しました。以前小鳥を逃がしてしまった悲しみや、次の鳥には言葉を覚えてもらいたいと、心の中で考えていたことも、イエス様はご存じだったのですね。それにしても、ユニークなイエス様です。ミミちゃんのおかげで、とても楽しい生活を送ることが出来ました。ハレルヤ。感謝します。

証のページは下記になります。

www2.gol.com

↓ランキングに参加しています。皆様のクリックが書く励みになります。どうぞよろしくお願いします。 

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村 

クマゼミって??(駄)

周りに緑が多いこのマンションに越してきた頃は、毎年夏になると真夜中でも明かりが点っていると昼間と同じようにセミの声がやかましく、朝になるとサッシに当たったセミの屍骸が転がっていたものです。😅

でも今は木が伐採されて戸建てが10数件建ってしまい、セミの声も聴こえなくなり静かな夏に変貌しました。それも又寂しいのですが、お祭りの花火大会は、ベランダから余裕で花火が観れるのは嬉しいです。😄

ところで、関西在住のFBで、「東京に来たらミンミンゼミが鳴いていた!」と投稿があり、クマゼミが話題にあがっていました。関東平野で生まれ育った私はクマゼミを知らず、元秘書のさがで調べた次第です。動画をお借りしました。😄


セミの声 2011 (クマゼミ,ミンミンゼミ,アブラゼミ,ツクツクボウシ)

クマゼミアブラゼミは似ていても違いますね。子供の頃から美しい物好きだった私は、羽根が透き通っているセミが大好きでした。でも、何故か捕るのが難しかったのを覚えています。あと、ヒグラシはカナカナと呼んでいましたが、茨城だけかな?😅

クマゼミの分布図を見て、なるほどと思いました。内陸よりも海岸線沿いに生息し、関東から南西に広がっているわけですね。😄

www.biodic.go.jp

 

↓ランキングに参加しています。皆様のクリックが書く励みになります。どうぞよろしくお願いします。 

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村 

信仰の先輩N姉の驚くべき証(私の10年前の日記から)

神様が何故私を今の職場に送られたのか、最初は理由がわかりませんでした。でも、日々の祈りの中で少しずつそれが分かって来ました。まだプロセスの中にあるということもありますが、纏めるには時間がかかりそうなのでずっと後で書くことにします。^^;

最近、自分や周りの人達を通して聖霊が強く働いているのを感じています。そして最近、礼拝の後でNさん達と話すことが増えました。私は聖歌隊の練習が始まってしまうので長時間は話せないのですが、彼女も証人なのでいつ話しても本当に楽しいです。

導かれましたので、Nさんの証について書いた私の日記の(埋め込み)リンクを貼ることにします。それぞれが長いので^^;、もしお時間があるようでしたら、リンクをクリックして読んでいただけたらと思います。^^

heidi0330.hatenablog.com

heidi0330.hatenablog.com

heidi0330.hatenablog.com

↓ランキングに参加しています。皆様のクリックが書く励みになります。どうぞよろしくお願いします。 

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村