HP「Seeking His face...(主の御顔を慕い求めて)」へ/


Rejoice always,pray without ceasing,
in everything give thanks;
for this is the will of God in Christ Jesus for you.


これが一番必要かな

https://www.instagram.com/p/CB_D0y9gEb9/

「Rejoice in the Lord always. I will say it again: Rejoice!」‭‭Philippians‬ ‭4:4‬ ‭NIV‬‬https://www.bible.com/111/php.4.4.niv

 

先日の牧師先生のお話にもありましたが、小鳥はいつも神様を褒めたたえています。

色々な問題を抱えていたとしても、信頼するならば、神様が必ず全てを益に変えて下さいます。だから、明日のことも思い煩うことなく、主を讃美し褒めたたえていれば良いですよね。😄

 主にあって、いつも喜んでいたいですね。私は仕事が単調なので😅、小鳥のように一日中讃美を心の中で歌っています。主の喜びで満たされます。😊

 

↓ランキングに参加しています。皆様のクリックが書く励みになります。どうぞよろしライブくお願いします。 

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

にほんブログ村

もうすぐ派遣契約が終わります・・・

https://www.instagram.com/p/CB4C5cBA0yY/

「So Eli told Samuel, “Go and lie down, and if he calls you, say, ‘Speak, Lord, for your servant is listening.’ ” So Samuel went and lay down in his place. The Lord came and stood there, calling as at the other times, “Samuel! Samuel!” Then Samuel said, “Speak, for your servant is listening.”」‭‭1 Samuel‬ ‭3:9-10‬ ‭NIV‬‬https://www.bible.com/111/1sa.3.9-10.niv

今の派遣契約が後一週間で終了になる為、いま次の仕事を探しています。前職迄の正社員時代が長く、まだ派遣という形態には慣れていません。でも、長年急激な変化が多い外資系にいたので、どこに行ったとしても順応するのは早いような気がします。😄

上のサミュエルの『しもべは聞きます。お話しください。』は今の私の心境そのものです。毎朝「私の霊の目と耳と心を開いて、何が御心なのかを分かるようにして下さい。」と初めにお祈りしています。主の御心が最善なのを良く知っているからです。

1月迄いた職場は完全に「密」でしたので、コロナのことを考えただけでも、2月から今の所に移して頂いたことは本当に感謝でした。暗闇のトンネルから、眩い光の中に移された位の変化でした。仕事は単調でも、職場の雰囲気はとても気に入っています。

寂しいですが、期間限定の悲しさですね。😅以前からの習慣で、「まだ見ぬ(未来の)職場、仕事、同僚を祝福して下さい。」「求人媒体、エージェントを祝福して下さい。」と祈っています。自分の経験から、最終的には縁のあるところに行くものです。

前職はスキルの要らない、これまでの経験を全否定されたような、惨めて屈辱的な仕事でした。本当に、神様の厳しい訓練でした。。それでもそこで耐えられたのは、働きたくても仕事がないまま街を歩いている時の方が遥かに辛く惨めだったからです。。

その仕事に就くまでは、ずっと辛くて泣きながら必死で祈っていました。でも、人生の舵取をイエス様にお任せした今は、「パンを求めているのに、神様が石を与える筈はない」と信じて祈り、イエス様がどのようにして下さるのかを楽しみに待っています。😄

p.s. 

以前は良くNIV Audio Bibleのドラマバージョンを聴いていたので、サミュエルの可愛い声が耳に残っています。ところで、このHoly Bibleのアプリも、下に貼り付けましたが、聴けるのですよね!!ただ、大人の男性が朗読しているだけなので、臨場感は感じられません。😅

 

f:id:veilchen23:20200627180801p:plain

 

↓ランキングに参加しています。皆様のクリックが書く励みになります。どうぞよろしライブくお願いします。 

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

にほんブログ村

讃美:イエスは私達のために死んだ(Du bist für uns gestorben)


Martin Pepper - Du bist für uns gestorben

今日この讃美の日本語の歌詞が一日中頭の中にあり歌っていました。昼休み、何の歌なのかYouTubeで検索しても見つかりませんでした。帰宅して、教会の特選歌を調べたら、オリジナルがドイツ語の讃美だとわかりました。

ひょっとしたら、ピアニストでもあるM姉が、ドイツに行った時に仕入れて来て、彼女が訳したのかも知れません。他にもオリジナルがドイツ語の讃美が何曲かあり、それも彼女が訳したものなので・・。それにしても見つかってスッキリしました♪ 😄

エスキリストは 私の為 死んで黄泉に下り
よみがえられて 今ここにいる
エスキリストの愛 恵みと力 ここに満ちている
(繰り返し)
イェスの愛は 今ここに満ちている 
イェスの愛は ここに満ちた

オリジナルのドイツ語の歌詞です。

Du bist für uns gestorben, wurdest begraben,
bist auferstanden von den Toten,
aufgefahren zum Himmel und dennoch ganz nah bei uns.
Wir spüren Deine Nähe, Liebe, Freundlichkeit und Güte.
Du bist hier mitten unter uns.

Wirke unter uns, wirke unter uns!

下はgoogle翻訳したものです。

You died for us, you were buried,
have risen from the dead,
ascended to heaven and yet very close to us.
We feel your closeness, love, friendliness and kindness.
You are here among us.

Work among us, work among us!

エス様は私達の為に死んで葬られ、天に上り甦られました。でも、主は空の遥か彼方におられるのではなく、私達のすぐそばに、私達の内におられます。いつも私達を愛し、心にかけて下さっています。ですから、心配することは何もないはずですね。😄

 

↓ランキングに参加しています。皆様のクリックが書く励みになります。どうぞよろしライブくお願いします。 

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

にほんブログ村

25年前のドラマ~神様に逆らうことは出来ない

https://www.instagram.com/p/CBg33BBgN5t/

「Consider what God has done: Who can straighten what he has made crooked?」‭‭Ecclesiastes‬ ‭7:13‬ ‭NIV‬‬https://www.bible.com/111/ecc.7.13.niv

信仰に入って数年間は、いえもっとかも・・・、人間的にも信仰的にも全てが子供じみていて未熟そのものでした。ここ一月、25年前にヒットしたドラマの再放送を観ていました。10話から12話(最終回)は28日(日)13:59までTverで観れるようです。↓

tver.jp

主人公の紘子ほど感情的ではなかったとは思いますが、繊細で傷つきやすく、誤解して嫉妬する、まぁ、若い頃は誰でも似たり寄ったりかも知れませんが、若い頃の自分とダブるものがあります。^^;

でも、色々な経験をして歳を重ねた今観てみると、そんなに騒がないで冷静に話し合えば誤解は解けるのにとか思ってしまう。私は、見た目はともかく、精神面では若い頃に戻りたいとは思いません。

未熟な私ではありましたが、神様はどこまでも優しく、いつもビックリする程不思議にお祈りに答えて下さいました。でも、或る強い願いに関しては、伝道の書7:13の御言葉は、当時の私にはとても重くのしかかって来ました。

どうしてもこうして欲しい、こうなりたい、という気持ちが強すぎて、当時の私には、神様の御心を求めるようなお祈りが出来ませんでした。我が強すぎて激しく、聖霊様のお導きにも逆らっていたのです。

同じような道を通られている人がいるかも知れません。私も沢山失敗をしました。。神様は全能者ですから、何でも知っておられます。私達にとっての最善最高を知っておられる主にお任せしていれば間違いはありません。

 

↓ランキングに参加しています。皆様のクリックが書く励みになります。どうぞよろしライブくお願いします。 

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

にほんブログ村

神様と私達はリモートではありません

https://www.instagram.com/p/CBqg_Z4gr73/

「Here I am! I stand at the door and knock. If anyone hears my voice and opens the door, I will come in and eat with that person, and they with me.」‭‭Revelation‬ ‭3:20‬ ‭NIV‬‬https://www.bible.com/111/rev.3.20.niv

f:id:veilchen23:20200621020507j:plain

この前の日記で触れましたが、末期がんのHさんのお祈りをさせていただいた際に、癒しと共に救われることを願っていました。その為、イエス様に心と魂に触れて頂きたいと、扉を叩き続けて下さいと必死でお祈りをしていました。

私がイメージしていたのは、上のインスタにアップした御言葉、ヨハネの黙示録3章20節とその下の絵です。この場面の絵は色々な人が描いていますが、共通していることは、扉の取っ手が外についていないことです。

扉の取っ手は内側にしかないので、イエス様の呼びかけに対して、自らの意思で扉を開けてイエス様をお迎えしなければなりません。誰でも声を聞いて入れてくれたならば、一緒に食事をしようと言って下さっています。

神様は私達の自由意思を尊重されています。無理やり押し入ろうとはされません。今はフィジカルディスタンスを守り、仕事もリモートになっていることが多いです。でも、イエス様と私達の関係は嬉しい「密」です。

神様は私達と親しい関係、いつでも親しくコミュニケーションを取りたいと願っておられます。主は 遠く離れた所におられる方ではなく、いつも共に居て下さり、呼べばすぐに答えて下さる、聞いて下さっている方です。

今日牧師先生のお話で、「私達は一人ではなくいつもイエス様と一緒ですよね。(例えば)○○ハイジさん(実際はフルネームで)の隣にはイエス様が見えますよ。皆さんそうですよ。イエス様と二人なんですよ。」と。

私はいつも最前列の真ん中で、牧師先生の目の前に座っているので、咄嗟に私の名前を挙げられたと思いますが、ちょっとモジモジしてしまいました。(笑)

 

↓ランキングに参加しています。皆様のクリックが書く励みになります。どうぞよろしライブくお願いします。 

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

にほんブログ村

主の御心が最善最高でした

https://www.instagram.com/p/CBc9ckKg3Ji/

マルコ2:1-5をインスタグラムにアップしました。背景があると御言葉がとても綺麗で見やすいですね。そして、下はその光景が描かれた絵です。

 

救われたばかりの頃は、このエピソードを読んで、「随分無茶なことをするのね、人の家の屋根を剥いで病人を吊り下ろすなんて。」位にしか思っていませんでした。😅でも、そこまでして、癒して頂こうとイエス様の元に病人を連れて来た、彼等の愛の行いと信仰の強さを感じます。

時代も文化的背景も違うので、このようなことをすることはないと思います。でも、病人を吊り下ろした人達の信仰の行いは、人の為に何かをするということであれば、執り成しの祈りに通じるものがあります。病人がクリスチャンでない場合、癒しやその先の救いまで祈りに込めます。

5月31日の日記に書きましたが、2月末からすい臓がんステージ4で、余命3ヶ月を宣言された方の為に祈って来ました。私が思っている以上に、祈られていることが大きな心の支えとなり、励ましになっていると聞きました。ついに奥様までも、『勝利の告白』を讃美祈りするまでに。

しかし、すい臓がんというのは、わかった時は既に末期になっていると後で知りました。3月に亡くなった聖歌隊の姉妹も、同じ病気で余命2週間を宣告され、2週間後に亡くなりました。彼女はとても純粋で謙遜で優しく信仰深い人でしたので、天国への備えが出来ていたんだと思います。

お祈りをさせて頂いていたHさんは抗がん剤治療等もうまく行きましたが、次第に会話も出来ない状態になりました。私は完治を信じて祈って来ました。癒しは勿論のこと、とにかく救われなければという気持ちが強くなりました。主に24時間共に居て下さって、Hさんの心の扉を叩き続けて下さいと祈るようになりました。

枕元で福音を伝えることも出来ないので、イエス様からHさんの心と魂に触れ語りかけて頂くことしか方法はありませんでした。扉を開くのは外におられるイエス様ではなく、(取っ手は中にあるので)Hさんご自身です。自分の意志で、イエス様を救い主として信じて受け入れてくれるようにと祈っていました。

そして、余命3ヶ月より1ヶ月長く生かされ、先日亡くなられました。とても残念ですが、亡くなった顏が物凄く笑っているような笑顔だったと聞きました。霊の世界のことはわかりませんが、私は直感で「亡くなる時に満面の笑みだったのは、イエス様にお会いしたからに違いない」と感じたのです。☺️

エス様に希望を置いて祈る時、決して失望に終わることはありません。人間的には寂しいかも知れませんが、肉体は滅びても魂は生き続けます。天国でいつの日か会えることを楽しみに、、。命の問題は神の範囲です。イエス様は、Hさんにとって最善最高の結果にして下さったと信じ感謝致します。☺️

 

↓ランキングに参加しています。皆様のクリックが書く励みになります。どうぞよろしライブくお願いします。 

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

にほんブログ村

また、Excelの本ですが、、~ジェネレーションギャップ

先日ご紹介したExcel本は関数をとても分かりやすく説明している本ですが、これはExcelの幅広く様々な機能をシンプルに説明している本です。本のタイトルに書いてある通り、困った時にどうすれば良いか、辞書のように引ける便利な本です。

私の仕事は今手が空きすぎているので、こんな本を持ち込んで学習していても認められている状態です。使ったこともない便利な関数が沢山あり、驚き感激したりしています。Excel2016だと、〒を全角で入力すると、予測変換で住所が出ることには驚きました。

来年あたり、Windows10のPCを買った方が良いのかも知れません。でも、7年位まだ使えているので、悩ましいところです。😅 

 * * * * * * * * * * * * * * * * *

若い同僚と話していた時に、「えっ、タイピストという職業があったのですか?」「白黒のテレビなんてあったのですか?」と驚かれ世代が違うのだなぁと思いました。ついでに、秘書になったばかりの頃、上司に「コピーを焼いてきて」と言われた話も。😅 

調べた所、今でも企業によってはコピーを焼くという言葉を使っているという記事に驚きました。FB友達に聞いた所、使っているなぁと・・。😅 

https://bizwords.jp/archives/1000004860.html

 

↓ランキングに参加しています。皆様のクリックが書く励みになります。どうぞよろしライブくお願いします。 

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

にほんブログ村