HP「Seeking His face...(主の御顔を慕い求めて)」へ/


Rejoice always,pray without ceasing,
in everything give thanks;
for this is the will of God in Christ Jesus for you.


礼拝の独唱:聖歌590番「すくいぬしイエスと」~私の今の心情そのもの。


聖歌590番 すくい主イエスとともに

今日は独唱の奉仕の日でしたので、聖歌590番「すくいぬしイエスと」を歌わせて頂きました。この曲は先日亡くなった聖歌隊の先生、鬼頭先生の愛唱歌だった曲の中の1曲です。メゾソプラノの先生の声が耳に残っている懐かしい曲です。

3週間前にもブログに載せましたが、この曲の詞が今の私の心情にぴったりリンクしていたこともあり、しみじみ『アーメン』と言う気持で毎日歌っていました。そういうことや、先生のことを偲んで、この曲をすんなりと選曲しました。 

すくい主イエスと ともにゆくみは

とぼしきことなく おそれもあらじ

エスはやすきもて こころたらわせ

ものごとすべてを よきになしたもう

ものごとすべてを よきになしたもう

 

さかみちに つよきみてをさしのべ

こころみのときは めぐみをたもう

よわきわがたまの かわくおりしも

めのまえのいわは さけてみずわく

めのまえのいわは さけてみずわく

 

いかにみちみてる めぐみなるかや

やくそくしませる いえにかえらば

わがたまはうたわん ちからのかぎり

きみにまもられて きょうまできぬと

きみにまもられて きょうまできぬと

この曲の独唱は初めてで、自力で準備するのはちょっと大変でしたが、諸先生の御指導を思い起こして丁寧に準備しました。自分で出来る範囲は一生懸命ですが、それでも限界があるので、後は神様に祈ってお任せしました。

歌い終わった時、講壇から牧師先生をちらっと見たら、頭の上まで両手を上げて拍手をされていたので嬉しくなりました。先生は無意識だと思いますが、拍手の手の高さの位置が評価の良し悪しのバロメーターになっています。(笑)

講壇で歌う時は感情的になって泣いてはいけないので、泣きませんでした。でも、聖歌隊のガウンから着替える部屋で、イエス様に対する感謝に溢れ又鬼頭先生を思いうるうるしてしまいました。先生は今天国ですが、私の歌は天国に届いたでしょうか。。。

p.s.

半音上げて歌うと事務室に伝えていましたが、何故か伴奏者には1音上げると伝わっていたことが朝わかりました。^^;それで、急遽1音上げて歌うことに。。歌ってみたら、「あ、よりソプラノって感じで良いわね。^^」と感じたので変更し、結果的にそれで正解でした。いつも最善にして下さる主に感謝。^^

 

↓ランキングに参加しています。皆様のクリックが書く励みになります。どうぞよろしくお願いします。 

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村